整体 整骨院 違い 肩こり

整体と整骨院(接骨院)の違いと肩こりの症状の治療について

スポンサーリンク

整骨院と整体院の違いが分からないという話がよくあります。
整骨院とは,国家資格として柔道整復士という資格を有している者しか開業ができません。
治療についても,骨折,脱臼,ねんざ,打撲,挫傷などに限られます。
よって,慢性的な肩こりの治療について,整骨院では治療ができないのが原則です。
整体については,特に資格がありません。
民間の資格を所有している者や国家資格である理学療法士を所有している者が,開業しているケースが多く見られます。
では,肩こりの治療を行うために一番良いのはどこか,というと,これは一概に言えないのです。
ただ,慢性的な肩こりについては,整骨院での治療・療法はできませんので,整体院で治療するか,整形外科で治療するかのいずれかを選ぶことになります。

スポンサーリンク

整形外科でも,リハビリテーション科が併設されている病院では,肩こりの治療のためのマッサージ(MPFと呼ばれています)や運動療法を行う病院が所々あります。
整形外科の利点は,保険の適用があることです。
これは,他の2つに比べてかなり安価で,良い治療を受けられることがあります。
しかし,日本の整形外科の医療技術は残念ながら,旧態依然であり,レントゲンを用いた骨格の異常から診断するという域を出ません。
本来ですと,MRIを使って首から肩にかけての椎間板の状態を診断するべきなのですが,ここまでの診察を受けられる病院は,総合病院でも数が少ないです。
また,診断はできても治療ができない整形外科医も数多く存在し,診断後は全て理学療法士に任せているケースが殆どです。
整体院の場合,開業している院の口コミから情報を得て,治療をしてもらうのが一番良いでしょう。
評判の良いところは,整形外科でも治療ができない処方を行っているケースが多いです。

スポンサーリンク