整体 電気 効果

整体、接骨院での電気治療の効果について。

スポンサーリンク

腰や肩の痛みで病院や整体、接骨院に行かれた経験はないでしょうか。
そこでよく見かけるのは、パットを貼り付けて電気を流す電気治療です。
脳が痛みをキャッチすると痛みを感じる事で筋肉が緊張してしまいます。
この為結構が悪くなつてしまい、痛みも増してしまいます。
この緊張して硬くなってしまった筋肉をほぐすためのものです。
これをすることによって、血のめぐりがよくなり代謝も良くすることができます。
ここで行われている治療は低周波治療というものです。
弱い電流を流して低下している神経機能を回復させるのです。
電気治療は強ければ治るとか良いというものではありませんので、きもちが良いというくらいの強さで治療をうけるようにしましょう。

スポンサーリンク

筋肉をほぐすために行われる治療は低周波治療とよばれるものですが、
電気治療自体は肩こり腰痛の直接の痛みをとる治療ではないので「効果がない」と言われることもありますが、きちんと理解しましょう。
最近では、いろいろな治療器もでき、それぞれの病気や怪我によっても使い分けられ、効果もさまざまです。
低周波、中周波、高周波、干渉波などがあります。
痛みのある部分を直接温め、温熱効果で治療するもの
ガン式で、局部的な治療に使われるもの。
急な痛みを和らげるためのものがあります。
電気治療は、肩こり、腰痛には直接的な効果はうすいですが、骨折、打撲、ねんざ、筋肉のはり、肉離れなど痛い部分をじかに触れない時や治りに時間のかかる症状には効果が期待できます。

スポンサーリンク