パニック障害 整体 効果

パニック障害に整体は効果的か

スポンサーリンク

パニック障害を治すのに生体も効果的と聞いたことがあるかもしれません。
体の緊張が原因、首のコリが原因、などといわれることもあります。
パニック障害は、脳の神経伝達物質が異常を起こしてしまい、その結果として自律神経のバランスがくずれてしまっている状態です。
またストレスによっても自律神経が乱れて交感神経ばかりが優位になっているので、全身の筋肉がガチガチにかたく緊張している傾向があります。
整体でかたくなった筋肉をほぐしてもらえば、神経伝達のはたらきも正常に近づくことが期待できます。
また筋肉がほぐれると副交感神経が優位になります。
これは体にとっては回復モードであり、心にとってはリラックスモード。
ストレスや不安もやわらいでいくでしょう。

スポンサーリンク

ストレスを受けると交感神経が優位になって、筋肉がかたくなります。
このかたい筋肉はゆがみのもと。
ゆがんだ体を動かすのは大きな負担となります。
またかたい筋肉は、血液の流れ、リンパの流れ、神経の流れを圧迫。
酸素や栄養が行き届かなければ、新陳代謝が進みません。
老廃物や疲労物質が体から出ていかなければ、体の中にたまってしまいます。
これでは体も心も脳も健康でいることなどできません。
整体で全身の筋肉をほぐして体のゆがみをやわらげれば、骨も内臓も本来あるべき場所におさまります。
血液やリンパや神経の流れがよくなれば、全身が回復モードに切り替わって健康な状態へと向かっていきます。
パニック障害を治すためだけでなく、現代人のあらゆる不調の大きな原因のひとつは、ストレスによる自律神経に乱れ。
全身の筋肉をほぐすことは、自律神経を整えて体が持っている自然治癒力を引き出すために必要不可欠なのです。

スポンサーリンク